<張り付きがえる>くんは、その後もずっと張り付いている。
今日で3日くらいたったかな?少し場所を変えたりしつつも、また窓に戻る。
夜はのどを鳴らしている。今朝窓を開けると、ぴょーん!
部屋の中に入った気がしたけど、いない。
5分後、夫が部屋で発見!「部屋にいると死んじゃうよ。ほら出て行け」と庭に追い出した。すーちゃんは「かえ子、来てたの?」と起きてきた。
<かえ子>って・・・名前つけてたのね。

夫の両親の大量野菜はゴーヤときゅうりだけ申し訳ないことしたけど、あとはほぼ使い切った。きゅうりはピクルスにすれば良かったのに、手が回らず・・・。残念。
でも、カボチャのスープはとてもおいしくできた。
ちゃんとミキサーにかけ、こして、冷やしたので、本当においしかった。
なすはいろいろしたけど、カレーがおいしかったかな。
夏野菜の季節も、もうすぐ終わりだけど収穫の秋が来る!!
新米に栗!きのこ!はあ、待ちどうしい~!
Img20080905090933
明日が楽しみ
さてさて、新米の季節到来です。
今朝は早くから裏の田んぼからトラクターの音が響きます。
もしやと思って見てみると、始まりました!稲刈り。
緑一面の田んぼですが、明日はどんな姿でしょうか。楽しみ楽しみ。

張り付きカエルのカエ子ちゃんは部屋に入ってきた後、2日くらい姿を見せなかったけど(怖かったのかな?)昨日の朝、窓にご帰宅されていました(笑)。
今朝も、しっかりはりついています。
実はポストの変なくぼみにも、よく来るカエルくんがいて(ポストガエル?)
一日おきくらいに、帰宅しています。
カエルのテリトリーというか、くつろぎスペースって意外な場所だなあ。と感心?している今日この頃です。
カエルの気持ちはなぞなぞだらけ。げこげこ。という歌があるけど、まさにそんな感じ。
Img20080908164335
手前の田んぼ。わかるかな?
結局、稲刈りは今のところ、手前の田んぼだけだった。
いろいろ収穫のタイミングがあるんだなあ。
でも、スーパーでは早くも新米が出始めた。いつも行く農協の産直所に早く行かなくっちゃ(笑)。
<カエ子>ちゃんは、ちょっとした事件があった。
リビングの扉と網戸の間に一晩、はさまっていたらしく、背中がカピカピの状態で朝、発見した。弱っていたけど、大丈夫かな?
心配しつつ、すーちゃんが、庭の水盤に離してやると元気にすいすい泳いだらしい。
私が「カエ子は馬鹿だねえ!死んじゃうところだったよねえ」と言うと、
すーちゃん「かえるってもんは、弱ってると頭が悪くなるもんなんだよ」と一言。
・・・かえるの気持ち、すーちゃんならわかりそうね。
Img20080911111515
ちょっと写真、暗かったなあ。
夫に「雑草使いが上手いね」と褒められた。
実は<花屋で買う花>が苦手な私。
女の子としては「お花って素敵!奇麗~」とか、素直に言いたいのに、
心の底から、そう感じたことが、ほとんど、無い。
切っている花を買ってきて、生ける。この行為自体、どうしてもなじめない。
でも、雑草が大好きだということが、田舎暮らしでわかった。
その辺に生えている、名前もしらない<やつら>をよく見ると、すごく面白い形だったり、奇麗だったり、小さな花がついていたり、する。
時には根ごと抜いたり、適当にむしったりして、家に持ち帰り、瓶に生けるというか、入れると、あら不思議。ちんまり、かわいく見えるじゃないの。
枯れたら、ポイっと庭に捨てる。
買った花だと「奇麗に飾らなきゃ。長くもたせなきゃ。私の為に命を短くしてす・・・すみません!」と、何が何だか、とにかく花に対して緊張するのだ。
雑草だって同じ花なんだけど、申し訳ないが、緊張しない。
<ちょっと連れて帰る>感覚で楽しめる。
雑草、大好き。
Img20080916120340
独特のオーラを放つ、萩の花
今回の夫の寄稿文はちょっと、もの悲しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

先週祖父が他界しました。
96歳の大往生。前日まで元気だったようですが、あっけなく逝ってしまいました。
水戸東武館で範士にまでなった剣道の達人。俳句もたしなむ文武両道。
100まで元気でいるような気がしていたのですが・・・・

じー様も、そしてばー様(8年前他界)にいたっては高浜虚子の弟子だったと言うほど俳句好き。
しかし、その血は残念ながら孫にはつながらず、歌にはトンと縁のない生活をしています。
そんな私ですが、学校の教科書に乗っていた藤原敏行(古今集和歌集・さっきネットで調べました)のこの歌は、昔から好きでした。夏が終わり、空が高くなると毎年決まってこの歌を思い出します。

写真は「下の庭」に自生している萩の花。
初夏に白い花を咲かせた「オカトラノオ」の間に今度はピンクの萩が咲き出しました。
いつもより少し寂しい秋の始まりです。

Img20080916155613
田んぼは このとうり。
旬な話。今は新米の季節です。
早速、JAに新米を買いに出かけた。
あるある。近くの農家から、ご自慢の新米達が並んでいる。
塩おむすびの試食まで並んでいる。すーちゃん、大喜びでほおばる。
他にも、栗、ぶどう、梨と旬なおいしいものがたくさん!これはちょっとヤバい。
また太るぞ~。
おいしいものの旬を満喫しつつ、家に戻ると気づくことがあった。
そういえば、あんなにいたムカデがちょっと減った。
でも、こおろぎがめちゃくちゃうるさくなった。夜は必ず玄関で鳴いている。
昼間も「りりりりり・・・・・・・」と外で何かがうるさい。
つくつくぼうしにバッタ。バッタは茶色のやつが多くなってきた。
赤とんぼはまだかな?
虫にも旬(笑)があるのだと、気づいて笑った。
Img20080924114015
すーちゃんの方を向いているのです。
張り付きがえるの<カエコ>ちゃんは、3日ほど見かけないと思ったら、また定位置に張り付くという生活です。ここまできたら、ペットも同然。
すーちゃんも「カエコはうちのカエルだね」とか言っています。
ほぼ満月の夜、いつもの窓ではなく、斜面側の窓に張り付くカエル発見。
姿・形はカエコと同じだけど・・・もしかして、たくさんのカエルがあちこちの窓に張り付いてるのか?カエコだけの特性だよね?自信がなくなるが、張り付きがえるのカエコはきっと、この子だけだと信じよう。
斜面側の窓(ベランダ)からは、きれいな月が見える。
おとといは、双眼鏡で月のクレーターが見えた。
星もたくさん。ひしゃくの形を見つけたので、夫に北斗七星だと言ったら、位置が違うよ。北斗七星はあっちだよ。とあっさり訂正された。
最近、すーちゃんは国旗のカードで国名と首都名を覚えているし。
今更ながら、小学校の勉強不足が悔やまれる毎日である。