Img20081201160127
なつかしい風景
やっぱり、自分が経験した遊びを教えてしまうものですね。

なんの話かって<ろうせき>。
私は小さい頃、毎日のようにアスファルトの上にいろんな絵を描いていた。
ろうせきでしか描けない独特の世界があった。
夏は熱い地面の熱を感じながら寝転んだり座り込んだりして、いろんな<世界>を描いたのだった。遊園地だったり、お菓子の家だったり、ふつうに丸を描いてけんけんぱっとやったり、ろうせきひとつで地面は無限の遊び空間になる気がしていた。
でも、最近めっきり見ない。昔から変わらない実家の道でも、ろうせきの落書きなんて全然見なくなった。
駄菓子屋さんも少なくなったし。
つい、ろうせきを見つけると買ってしまう。
近所の友達は、地面に落書きをさせるのに、ちょっと抵抗があるみたい。
確かにマンションやアパートの敷地内で落書きはダメなのかもしれない。
でも、雨ですぐに消えちゃうし、こんなに楽しい遊びはないから、いいじゃん!
そういえば、縄跳びも懐かしい遊びなのかなあ?
そのうち、ゴム跳びも教えちゃおうっと。
Img20081208090236
焼き芋がおいしい!
週末に近くの神社に行ってみた。
毎年11月に、この神社の銀杏ともみじの紅葉を見るのが、なんとなく習慣になっている。
おととしはまだ、下の子が小さくて、誰もいないのをいいことに神社の賽銭箱の階段で、おっぱいをあげたっけ。もしかして大昔の人も同じようなことをやっていたかも・・・なんて想いながら。
今年はちょっと時期を逃してしまったけれど、ほとんど木から落ちた葉っぱが、黄色いじゅうたんのように、見事に敷き詰まっていた。
神社に行く途中の民家で売っていた焼き芋を買って「あつっ、あっつ!」と言いながら、親子で仲良く分け合って食べた。
黄色い銀杏のじゅうたんに、黄色い焼き芋。なんか、きれい~。
Img20081209101546
自然のものは、やっぱり芸術!
週末はママ友達が集まって、お好み焼き大会となった。
無理矢理クリスマス会と盛り上がったけど、お好み焼きのクリスマスって・・・?
ところで、写真はなんとイカの骨!
小さいイカを買ってお好み焼きに入れようと、骨を抜いたらあら?奇麗!!
もちろん、すーちゃんは大喜びで「ちょうだい!ちょうだい!」って、何に使うの?
でもね、わかるなあ。なんか持ってたいくらい奇麗だよねえ!
昨日見たテレビでアントニオ・ガウディも言い残していた。
自然の中にこそ、美がある。と。
イカの骨の美しさ、ガウディ様なら気づいていたでしょう~。
Img20081225110646
梁の上に登る夫
年末といえば、大掃除。
夏にいっぱい張られたクモの巣・・・どうする?
「ま、このままでもいいんじゃない?」・・・・やっぱりすっきりしたいよね。
はあ~~~!重い腰をやっとあげて、頑張りました。すす?(クモの巣)払い。
とにかく天井が高いので、夫がはしごを使って梁に登り、その辺で取ってきた竹であちこちに張られたクモの巣をはらう。その間、子供と私は避難(笑)。
あまりの惨状で撮影も忘れてしまいましたが、おそろしい量のほこりが床一面を覆いました。写真はピンぼけではなく、ほこりボケだと思います(笑)。
最後は私の出番。濡らした新聞紙をあちこちにばらまいて、ほうきで掃きます。
ちりとりでとったら、最後は雑巾で床を拭く。その間、夫は子供と避難。
すっきり奇麗になったけど、夫も私も孤独な作業でつまんなかったという、感想。
もうちょっと子供達が大きくなったら、みんなで楽しい?大掃除なのにね。
でも、大掃除が終わると、夫と駒なし自転車の猛特訓をしていた、すーちゃん。
あ、自転車、乗れてる!よかったね。
あ、そういえば、今日はクリスマス。
クリスマスに、この話題・・・はははっ。