Img20090104064031
大人も子供も書き初め~
夫の実家で楽しい年末~新年を過ごし、我が家に帰ってきた。
いつもの風景、いつもの囲炉裏。さあ、今年がスタートした。
夫と二人で、新年らしいこと、しようと<書き初め>をした。
今年の抱負を書いたのだけど、私のテーマは「毎日描く」にした。
1月1日におまいりした神社でひいたおみくじは吉だったけど、今年はまだまだ我慢の年らしい。今までやってきたことをコツコツ積み重ねたら来年から花開く?みたいな運勢。よ~し!このおみくじ、信じて頑張るぞっ!!お~。

さてさて夜は、ご近所の仲良し家族二組と囲炉裏を囲んで、飲み会となる。
囲炉裏で、初めて肉を焼いてみる。やっぱり、旨い!
しいたけ、干し芋・・・ハンバーグまで焼いてしまう。
ああ、どれもおいしい。
囲炉裏の脇のストーブにかけたやかんのお湯で熱燗もつくり、全員ご機嫌さんになったところで、皆に<書き初め>の課題。
小学校以来だよ~と言いながらも、皆さん楽しんで半紙に向かいました。
子供達は、「バトミントンがうまくなる」「ピアノがうまくなる」「まいにちべんきょうする」だったりして、とってもかわいい。
初めての習字におっかなびっくりだけど、とっても楽しめたお正月でしたとさ。
Img20090105111321
お餅がふくらんでいくのってたのしい!!
やっぱり、冬は囲炉裏です。
年末からお正月は、たっぷり囲炉裏を楽しみました。
定番の、銀杏と干し芋が一番ですが、お餅、焼きおにぎりもいい感じです。
なんといっても、ちょっと高いステーキ肉はおいしかった~。
囲炉裏で焼くと本当になんでもおいしい。
節約とダイエットを誓ったはずなのになあ。
Img20090106104038
なんとなく神々しい感じです
初日の出ではないのだけども、3日の朝に撮った風景です。
朝焼けというのでしょうか?
青い空に朝日がうっすらさして、不思議な風景でした。
あまりにきれいな景色なので、パソコンのデスクトップにしちゃっいました。
コンピュータとか、無機質なものに、こういう風景が入るとなんか不思議。
でも、やっぱり目に嬉しいかも。
Img20090112093355
寒じめほうれんそう、ならぬチンゲンサイ
夫が庭に作った小さなビニールハウスの中で、すくすくとチンゲンサイが育ちました。これが、あなどるなかれ、けっこう甘い。
この写真の子は、一番のおちびさん。もっと大きいのが10株くらいは採れたのですよ!なかなか家庭菜園しているねえ。これからも頑張ってください、夫様。
(あいかわらず手伝ってません)
Img20090113140629
でも、後ろの水盤には氷が張っています!
♪~梅は~咲いたか、桜はまだかいな。
の歌にはまだまだ早すぎるはずの、1月。
早々と盆栽の梅が満開になってしまいました。我が家で一番日当たりのいい場所に置いていたのが原因でしょうか?
実は、この梅の盆栽。二代目なのです。
一代目は、東京暮らしの頃。今よりも緑の少ない毎日の暮らしの中で、夫は観葉植物や盆栽なんかを大切に育てておりました。
梅の盆栽にも、わざわざスキーに行った長野県で、<変わった苔>を土台の土部分にくっつけて、楽しんでいたのです(地味)。
なのに、なのに・・・部屋の中だけではかわいそうと、日光浴?に、マンションの一階に盆栽梅子1号ちゃんを、置いたら!・・・あっという間に盗まれてしまったのでした。
夫談「花を盗むなんて・・・酷い」
気持ちはわかるんだけど、つい、笑ってしまった私です。ごめん。
花を愛する人っていい人そうだもんね。盗むとはねえ。ありえないよねえ。
この一件でほとほと都会が嫌になったのか?田舎暮らしすることになった私たち。
去年も早咲きした二代目梅子ちゃんは盗まれることなく2年目を迎えましたが、もうちょっとゆっくり花の時期を楽しませてくださいよ。早すぎるう。
Img20090123162724
子供にとっては、嬉しいおもちゃ
どんどん寒くなってきた。
朝は、車の窓にも氷の結晶が残る。冬らしい風景。
毎朝、すーちゃんは庭の水盤の氷をチェック。
2~3日前までは、うっすらだった氷もこの通り!しっかり持ち上げられるまでになりました。大喜びでお隣のお友達Yちゃんと、氷遊びです。
キャーキャー騒いで、あっという間に・・・あ、割っちゃった。
おしまい。
Img20090123160902
私はもっぱら、ほうきで掃き出す。
とにかく寒い。
暖房効率の悪い家ではあるけども、効率とか何とか・・・とにかく大阪(南国?)育ちの私にとって、北国(とまでは言えない所らしいけど)の冬は辛い。
石油ストーブにガスファンヒーター、床暖房まで入れてしまう・・・。
すると・・・動き出すのが家の中で冬眠中の<てんとうむし>達。
どこにいたんだ!というくらい、わんさか、出てくる。
下の子ひなちゃんは、ちょっと恐がりながらも「てんとうむしむし、かたつむり~」と間違った歌を自信満々、大声で歌う。
私も、何気に怖い(笑)ので、虫に強い上の子すーちゃんに
「てんとうむし、部屋の隅の方に追いやってよ」と言ってみる。
私だったら、ほうきで掃くくらいしか、考えつかない。てんとうむしって汁も出すし、丸くて小さくて持ちにくいし・・・どうするのかな?と思っていると、すーちゃんは手慣れた手つきで、
1,てんとうむしをつつき、仮死状態にする
2,そのまま指を添えて、床を滑らせて部屋の隅にす~と移動させる
という、技を見せてくれた!!すごいっ!てんとうむしさばき!
また、6歳児を尊敬してしまった。