Img20090707095057
だいたい3メートルの笹
あっ!笹飾るの、忘れている!と気づいて、日曜日に慌てた。
でも、夫がすぐ裏の庭(斜面)の野生の笹を持ってきてくれた。
しかも3メートルはあろうかという大きなやつ。
千代紙で短冊や飾りを作ったら、あっという間にできあがり。
立派な笹がこんなに簡単に手に入るのも田舎暮らしならでは。
後はお団子食べるんだっけ?と私。それはお月見でしょ?と近所のママ。
そっか、とにかく星を見るのよね。
今夜は満月だそうな。
晴れるといいねえ。織り姫様と彦星様。
Img20090716164843
きれいな満月でした。
親の引っ越しなどドタバタの毎日だった。
気がつくと日がたっていたので、ものすご~くさかのぼるけれども、
七夕の日は間違いなく、きれいな満月でした。
昨日はもう、三日月だった。
そして7月22日は皆既日食があるらしい。
なにやら自然現象が気になる7月である。
私が家を留守にしている間に、夫は子供を連れてほたるを見にいったりしていた。
しっかり田舎生活しているなあ(笑)
Img20090721114734
いつのまにか、無くなる。
さてさて、家庭菜園はどうかといいますと・・・
トマトはまあまあ好調。
毎日2~3個は赤くなってくれていて、子供達2人のお口の中に消えていきます。皮は少し固いけれど、自然な甘さがいいのか、2人ともよく食べています。私の口には・・・・5日に一個くらいしか入らないなあ。生存競争に負けている・・・。
きゅうりは3本収穫できたかな?少ないなあ。
ズッキーニは惨敗。やっと大きくなったかと思ってたら腐っていた!とほほ。

そんな中、この家を建ててくれた大工の棟梁が、「今日、もいだやつだ。」
と、袋一杯(たぶん30本くらい)のなすと、小さめのとうもろこし4本と、10本くらいのきゅうりを持ってきてくれた。
小さいとうもろこしだなあ、なんてバカにしつつ食べたら、おそろしく甘くておいしかった!!バカにしてごめんなさいっ!
なすときゅうりはさっそく、引っ越ししたての私の親におすそわけ。
大阪ではありえない採れたて野菜のおすそわけに、母は大喜び。
あっという間に、おいしいお漬け物にしてくれた。
私はというと、なす料理をたくさん作った。
中でも、冷たいなすとおくらの煮浸しが最高に旨かった。
やっぱり新鮮野菜は違うなあ。またしても大地の恵みに感謝。
Img20090730161153
親の新生活をスタートさせるのに、いろんな雑用をこなす毎日。
人間って、手続きにまみれて生きているのだと痛感する。
ああ、じゃまくさいったら。
私のドタバタを傍目に、夫は休日の僅かな空き時間を見つけて、壊れていた糸車を修理していた。ただの飾りで置いているものだけど、ちゃんと回るようになったのを見るとなんだか、嬉しい。
そうそう、最近私、ドタバタしていて、なんというのか、丁寧に暮らしていない気がするなあ。と気づく。
仕方ないとは思いつつも、なんとかもう少し、ゆっくりした気持ちで暮らさないとね。と反省した。