Img_daa3ef8fc05e08a066a5f06c8089af06840b47e9
梅雨も、そろそろ終わり。本格的な夏を予感する日差しになってきた。
お向かいのYちゃん家に行ったら、こんなにかわいい<アリの輪>ができていた。
落としたアイスを囲むアリたち。忙しそうである。
Yちゃん家は、室外機のカバーに小さなハチの巣がつくられていた。
我が家も毎朝、玄関に大きなクモの巣がはられている。
夜になると、雨蛙が、多い日は5匹くらい窓の周りをうろついている。部屋の明かりに寄ってくる小さな虫たちが、お目当てなのだ。雨蛙は我が家では<カエコ>と呼ぶが、この時期の蛙たちは、まだまだ小さくてカエコより小さいので<キャエコ>と呼ばれる。チビ蛙は大きくなろうと必死なのかもしれない。
畑のきゅうりは、2日くらいで、あっというまに大きくなるので、食べごろを逃さないように気をつけなくてはならない。
そう、こんな感じで夏は虫も人も何かと忙しいのだ。
まだ赤くなっていないトマトを食べるカラス。これだけは、せわしなさ過ぎる!と抗議してやりたいのだが・・・。悪ガラスにそんな正統な文句が通じるとは思えないのである。
Img_55f7ed1b4e36bee1c15c30635d35d281533a88f2
やった〜!赤いトマト
にっくき、カラスとの戦いは、もう3年になろうとしている。
とにかく1匹、かしこいカラスがいるのだ。でも、そいつは少し狂っている!
我が家の天窓を毎朝突つきにくる。車のサイドミラーに乗り、足形や爪で傷をつけていく。
網戸を突いて破る。ゴミは、もちろん少しでも隙をみせたら、つついてばらまく。

鳥が好きな私でも、カラスだけはさすがに、ちょっと嫌いになった。
ところで、ガーデニングに興味のない私が、この夏はかなり頑張っている。
ねぎを植えるために、うねも作ったし、トマトとキュウリの世話もしている。おかげで、やっと1つ赤いトマトができた。今日の夕飯に食べよう〜と思っていたら、憎いカラスにやられたのだ。
天窓と車は、なすすべもなく敗北。網戸はステンレス製に張り替えてお金はかかったけど勝利。ゴミは、置き場所をできるだけ後ろにすることで、なんとか勝利。しかし、かわいいトマトは次々にやられて完敗か〜〜〜〜!と泣いていたら、あっさり夫がネットをかけた。
あら、不思議。カラスは来ない。そんなものか〜。
羽を後ろにして、前のめりに鳴く、くやしそうなカラス。
次はどんな戦いが待っているのだろうか。じゃじゃ〜〜〜〜ん(冒険アニメのエンディング音のイメージ)。はあ、もう、戦いたくない〜〜〜。
Img_38b37c9553c4ecceb7487fd57c2789d53685b409
もともと縦の家具を〜
Img_f4e653744ff90fac2b21f3bd7590f65ce923e3f2
横にして〜
Img_2dc9fcd48d66dd4727188ef365136ca22ed8a9ae
板を入れてカウンター下に置く〜
美大の時、あんなに劣等生だった木工実習。今になってから、日曜大工が楽しくてやめられない。
5月にテレビ下のワゴンを作ったのが、きっかけ。
古民家再生の我が家は、サイズもいろいろだし、古材のでっぱり?みたいなのがあったりで、市販の家具を探しても探しても、ぴったりなものがないのである。探し続けて丸5年。やっと<作る>という選択肢があることに気づいた。
自分の木工の腕は心得ていたので、無理をせずホームセンターで板はすべて切ってもらう。
これがよかった!ノコギリ作業がないと、こんなに簡単なのか!っていうくらい、あっと言う間に家具はできるのです〜。まあ、簡単なのばっかりだけどね。
ずっと悩んでいたカウンター下スペースは、もともとあった家具を横にして板を入れたら、ぴったり!靴の収納スペースが足りないので、玄関の納戸のポールをはずし、ダボレールを入れて、棚板をのせたら、使いやすいシュークローゼットの完成〜!夫の自転車ヘルメット掛けも古材でつくちゃえ〜!どれも、2〜3日の作業でできるのだけど、楽しくて仕方ない。
もう、暑いので、しばらく大工は休止しよう。と心に決めたとたん、あ、ここに残った板で棚つくるといいかな?ついでにトイレにも棚を・・・。なんて・・・もう病気かも、しれない。
Img_ae4aa50c0a22fceba8972f42b24366cceb640e61
昨日は上の子の10歳の誕生日だった。
なんとなく、テーブルを飾りたくなって、切り絵で変なオブジェ?を作った。
テレビで見た切り絵作家の人の作品を見てインスピレーションしたけど、出来上がってみたら、こんな悪い顔の鳥(笑)。もうひとつは、上の子のテーマキャラにしている羊ちゃん。
でも、ちょこっと、こんなのがあるだけで喜んでくれるのでした。