Img_6eab23ec745b5430fadfe8f4b2d90f9f
<現場>感ハンパないですっ!
Img_07eeff9a4c8b9efa7ec048d328e07a79
手近な竹を伐採しましょう
Img_a183ab1dd93705185278e816503ab4c9
こつこつ編みましょう
我が家の斜面側の庭?林のような場所は、バードテーブルやブランコ、すーちゃんの秘密基地があったりするのだが、その一番下は境界線も曖昧な感じだった。
何度か、遊歩道に間違えられていた。斜面を、おじいさんと孫らしき女の子があがってきたこともある。さすがに私有地なので、ちょっと困るねと、ロープを張ってみたら<現場>感がハンパない。

これはちょっと、どうなの?といいつつ2年ほどの歳月を費やし、意を決してホームセンターに竹垣を買いに行くと・・・た、高い!一枚5千円は下らない。
しかもなにげに我が家の竹垣は3メートル以上は必要なのだ。計算すると、3万円くらいの出費になりそうだ!だめだ〜!これは厳しい!

夫の趣味でもある庭のメンテナンスに私は口も手も出さないよと、言っているが、お金がからむと、そうもいかない。しみったれな性格が災いして「2人で作ろう!」と言ってしまった。
どうやら、大工仕事が苦手な夫は、その一言を待っていたようで、嬉々と計画を話しはじめるのだった。しまった。と思った時はもう、遅かった。

夫の計画は、こうだ。
まず、庭にもとから生えている細い竹をたくさん伐採して同じ長さに切って、編む。
そして竹垣にする。おお、なんだそれ、簡単そうじゃんと、始めてみたら・・・この作業が時間がかかる上、単調で・・・「じいさんや、これ町に売りにいったらいくらになるかねえ?」と私。
「ばあさん、欲を捨てて、できるだけ綺麗な竹垣をこしらえような?」と夫。とほほほほ。
真冬の縁側で2人で、こつこつ竹垣を編む夫婦(涙)
さあ、さあ、どんな結末を迎えるのか?
長いので続きは、また明日(笑)
Img_0bbc49c06ba0c045c35faad23be4ca75
まだ、一枚目〜(泣)
Img_aad89a2840029e63970eb7fc98488712
やっと完成!結構な長さです
Img_c02793432c93dea5b9fc247f3c0c8096
細かいけど、扉にも工夫しました。
また、明日・・・と言いつつ時間がたってしまいましたが、竹垣づくりの後編です。
縁側で竹垣を黙々と(実際は謎の竹垣職人ごっこをやりつつ)作業すること2日ほど。
3日目の作業で、やっと完成しました。
扉はホームセンターで買ってしまいましたが、扉の付け方などには自分たちオリジナルな工夫もいれて、何だか完成すると誇らしい気分です(笑)。
だんだん、固定する紐のくくり方にまで、こだわり、なんだかんだと終ってしまえば楽しい時間だったような?と、言うと夫が、すかさず「上の庭の方も竹垣作ってもいいよね〜?」と!
いやあの今度は5メートルは作らないといけないような・・・やっぱりその〜・・・もう、結構です!

こんなに頑張ったけれど人目につく場所ではないので、まだ誰にも褒めてもらえない。
これから友達が来たら、こつこつ見せよう。
ふふふ、皆様、我が家にお越しの際は汚れてもいい服装で長靴もご用意の上、下の庭まで一緒に降りてくださいませ。
そして、竹垣づくり体験をご堪能くださいませ〜。
竹垣はもっとたくさんあっても、良さそうなので〜(笑)。
あ、オプションで障子張り体験もご用意しております!